Wednesday, January 24, 2007

State of the Unionで思うこと

昨日,State of the Union Address(一般教書演説)が発表になりましたね.確か去年もこのネタで書いた気がしますが,せっかくアメリカに住んでることだし(?)なんだかんだ言ってついつい見てしまうです.例によって4大ネットワーク+CNNは中継&特番しとりました.

内容はほとんど去年と一緒じゃないでしょうか.
  1. 教育改革:授業についていけなくなった生徒の転向を促進?
  2. 医療保険制度:国民皆保険が目標.個人の保険加入を促進するために,$15,000の税金控除など.MedicareとMedicaid,社会保障の建て直しがどうたら.
  3. 経済成長維持と財政再建.連邦財政赤字を半減させるとか言ってましたね.
  4. 移民制度:国境警備を倍増.ゲストワーカー制度の導入など.
  5. エネルギー対策:中東依存の石油は危険.ガソリン消費量を20%削減,戦略的石油備蓄を倍増など.エタノールなどの代換燃料の開発.
  6. 中東戦略.陸軍20,000人増派(先々週発表してました).海兵隊を92,000人増員(?)ともかく早期撤退の意思はさらさらない様子.テロとの戦いは勝つまで続けるということらしい.

教育・医療は誰もが口にするイシュー.イラク戦略は避けては通れない問題だし,昨年のガソリン高騰から,脱石油燃料政策も自然な流れ.というわけでなんら目新しいものがなかった気がします.

そこで昨日初めて知った or 気が付いた点など
  • State of the Unionの進行役というか,代表は下院議長なのね.
  • 下院議長は史上初の女性議長ペロシ氏.なので掛け声も " Madam Speaker (of the House)" となる.
  • ヒラリーとオバマ氏が前後並んで座ってた(偶然?意図的?)
  • 各センテンスごとに聴衆はいちいち起立して拍手するから,なかなか進まない.
  • でもイラク政策に関しては民主党議員はしらっとして誰も立たないし拍手もしなかった(笑).
  • 正副大統領,上下院議員,連邦最高裁判事9人,軍高官など各権のトップが一堂に集結してるから,ここがテロに狙われたらこの国は大混乱.

まぁともかく,ペロシ氏とチェイニーの前でのブッシュの演説,いろんな意味で印象的でした.

政治ネタもう一つ.
昨年の中間選挙で上院下院とも民主党が躍進,過半数を取ったのは周知の通り.ただし上院では民主党議席51と1議席のみ多いのです.さて昨年12月にサウスダコタ州選出のジョンソン上院議員が脳溢血で倒れました.こういった場合かわりの上院を選出するかどうかは各州の法律次第.で,サウスダコタの場合は議員が死んだ場合のみ,知事がかわりの上院議員を指名する法律になってます.
ここで問題は,ジョンソン上院議員は民主党,サウスダコタ州知事は共和党.つまりもしジョンソン上院議員が死んじゃった場合は,かわりの議員は共和党になる可能性大ということ.そうなると上院の議席数は50対50.共和党と民主党の議席数が同数の場合は,上院議長が議決権を持ちます.上院議長は…,そう,チェイニー.もちろん共和党.そうなるともちろん上院は共和党優位になるわけです.
つまりジョンソン上院議員の病状如何によってブッシュの政策が変わっちゃうのです.

ていうのが去年末の話題だったんですが,その後,ジョンソン上院議員はどうなったんでしょ.

2 comments:

Jun said...

 日本だと、エネルギー政策転換?みたいな取り上げ方をされていましたよ。
 ブッシュが地球温暖化に一言触れた、みたいな感じで。でも、人気取りなんだろうけどねぇ。。。

k1 said...

およ.去年のstate of union...でも石油燃料依存から脱却するためにバイオ燃料の開発を促進させるって言ってましたよ.狙いとしては同じかと.ただブッシュの口から地球温暖化うんぬんを聞くのは今年が初めてだし意外.ていうか何を今更.