Wednesday, June 20, 2007

オージーを味わう

残り少ないNY生活.例の世界制覇の方も進捗しなくちゃなりません.

という訳で先週末のブランチに訪れたのがここ,"Eight Mile Creek".場所はMulberry st.のPrince st.とSpring st.の間.こう聞いてピンと来る人はよっぽどNYに詳しい人.要するにSOHOのちょい東側,Little italyの北側(NOLITAという)というエリアです.この界隈はSOHO程混んでないし猥雑としてない.こじんまりして小さなセレクトショップやブティックが多いので,人気のスポットであります.もちろん可愛いカフェもあったり.

さてこのお店も結構狭い.そのかわり中庭付きですがこちらもそれほど広くないです.狭いし緑やお花が綺麗という感じではないですが,解放感はあります.肝心の料理の方は確かに南半球的なメニューもちらほら.ブランチメニューにはよくある卵料理,サラダ,サンドイッチなどもあるのですが.その他にPoached New Zealand Green Lip Mussels(茹でムール貝)やClassic Aussie Meat Pie(何がオージーなのかは不詳)などもあったり.ブランチは客受けの良いアメリカンスタイルが主流なのでしょうね.その証拠にディナーメニューにはGrilled Kangaroo Fillet,kangaroo skewers(串焼き),Pan-seared Kiwi Lamb Rack(!キウイのあばら骨?),そして定番Aussie Tenderloin Steakなどがそろってあったりします.

さてさて我々のオーダーは,カミさんがVeggie-filled Pastieに僕がやっぱりお約束のChar-grilled Aussie Beef Burger.このPastieって言うのは初めて食べました.パイ生地の中にミートや野菜など好みの具を詰めて揚げた丸いパイみたいなもの.いやいやこれがとっても美味なんですよ.ちらっとwikiった所,どうやら発祥は北アイルランドの様.現在はむしろミシガン州北部の郷土料理として有名だそうな.ん?どこがオージー?一方定番バーガーの方は,これまたとってもんまい.肉汁じゅーでとってもジューシー.ちゃんと炭の香りがして香ばしくさらに食欲そそりました.んーでもこれが本当にオージービーフかと言われると不明.アメリカ産もオーストラリア産も違いが分からんですよ(^^;).日本産ハンバーグよりんまいのは確実.

結局本当にオージーを味わったかは微妙な所ですが,どれも美味かったのは確か.結構おすすめ.今度は夜に来てキウイの焼き鳥にトライか?

あ,ビールはFosterを頼んだからこれだけは間違いなくオーストラリア産(^^).

3 comments:

Jun said...

 オーストラリアって移民の国だし、これといった郷土料理はないんじゃないかなぁ(アボリジニの幼虫系とかは除くとして)。
 強いてあげると、どこのファーストフードでも売ってるチキンの香草詰めとかか。

 その分、様々な料理に対する受け入れが広くて、友達が暮らし始めた頃は海苔とか食ってると「何それ気持ち悪い」だったのが、最近ではおにぎりも普通とか、今ではけっこー世界有数に安くても美味い国なんじゃないかと。
 移民の街、NYもそうなってしかるべきだと思うんだけど・・・。

k1 said...

その通りですな.もっともアメリカだって純粋な郷土料理なんてないのかもしれませんが.それにしても世界中の美味いのが集まってるのは良いですね.NYももちろんそうなんだろうけど,やっぱり物価高いからねー.

ところでアメリカのベビーバスと日本のとがサイズが違うかは不明.でもこっちの赤ちゃんは全体的に日本人より大きいかな.ちなみに莉帆は生後3ヶ月頃まで使ってました.

jun said...

欧米かっ、っていう奴か(笑)
デカいベビーに囲まれてるのも大変だね>りほちゃん