Thursday, March 15, 2007

セネガル料理はいかが

というわけでリアル・アフリカを体験してきました(笑).


どういうことかというと,昨日セネガル料理を食べに行ったのですね.実は我々のラボの(厳密にはPIが違う隣のラボ)テクニシャンでセネガルから来たお兄ちゃんがいるので,その彼にお願いして連れて行ってもらいました.しかも我々一家,タッ○ー一家,高○など総勢10名以上で(^^;).そもそもセネガルってどこよ?首都はダカール?あぁあのパリ・ダカの…くらいの知識なのでセネガル料理と聞いても想像もつきませんが,その分期待も膨らむというものです.
場所は116th st.の7th ave.とcentral park west ave.(8th ave.)の間.つまりどういうとこかというと,ハーレムのど真ん中.しかも125th st.界隈のように観光地化されているエリアと違って極めてディープな雰囲気.116th st.近辺はセネガルからの移民が多く住んでいてコミュニティを作っているので,さながらリトル・ダカールといったところ.町の景色も閑散としてるし空も広い.道行く人は100%アフリカンだし言葉は解読不能のセネガル語(?).まぁガイド役の彼もいるし(遅刻してきたけど)総勢10人もいたからそれほど怖くなかったけど,夜一人では決して訪れたくない場所ですわな.

レストラン名は"Sokhna".突然アジア人が10名近くも押し掛けて店の人もびっくりしたでしょうが,店のおばちゃんはとっても愛想よくて親切.ちっちゃい子供達のためにハイチェアを用意してくれたりテーブル作ってくれたり.セネガル料理なんて初めての我々にも親切にメニューを説明してくれたり.
さて,オーダーはもちろんセネガル人の彼にお勧めをよく聞いて.Cheebu Jen(白身魚の煮込み),Senegalese Couscous(独特のソースをかけてけっこう美味い),Grilled chicken(ちょっとスパイシーで良い味),Shrimp kebab(香ばしくってマジで美味い)などなど.さらにセネガルジュースとしてBissap(ハイビスカスのジュース),Home-made Ginger(まんまジンジャーって感じ.風邪に効く?),Boabab(バオバブの木のみのジュース.一番ジュースらしいジュース)なども.

いやいや,どれも想像以上に美味いんですよ!まじで.なんというか日本人の好みに合う味というか. 特にShrimp kebabは最高に美味かったな.付け合わせのbrown riceも良い味で,料理によく合う.アフリカの料理というと豆系かラムとかで,ぱさぱさしてるというか独特の変な味を想像してました.あるいは旧宗主国のフランスの影響で,ちょっとフレンチテイストが入ってるとか.違いましたね.今まで食べたことのない味だけどどこか馴染みやすいというか,ともかく日本人にはすんなり受け入れられる味付けでした.

いやー満足.侮れませんなセネガル.でもまた来るかというとちょっと難しい.だって周りちょっと怖いんだもん.我が家だけで来るのは無理(^^;).

2 comments:

JUN said...

 これは面白そうだねぇ。さすがニューヨーク、ディープさが違うっつーか。

k1 said...

どうも.
信用できるヤツと行くぶんにはハーレムもそれなりに楽しめるかも.彼らも部外者には愛想悪いけど,一度友達になっちゃうととっても人懐っこいというかとっても親切になるんだろうな,と.やっぱりマイノリティって結束が強いんでしょうね.
でも裏を返せば,見知らぬ日本人がハーレムをうろうろしたらやっぱり狙われるんだろうな.